カロリミット 便秘

カロリミット 便秘・下痢

良い商品でも自分に合うか合わないかがはっきりしないうちは商品に対してちょっと不安感があるってこと、ありますよね。特に副作用かな?と感じる症状があるのでしたら事前にしっておきたいもの。

 

今まで飲んだ人で何か感じられることがあったのか?どんな人にそのような症状がでたのか?を紹介しながらみていきましょう

 

便秘になった

カロリミット 便秘

カロリミットにはカロリーブロックの成分が入っているのと、排出作用があるので、便が多くなるということは考えられます。

 

こう考えると便秘はないように思えますが、便の量が増えると水分の量が減るのでスムーズに出なくて、ちょっと詰まった感覚になる人もいるかもしれません。便が硬くなる前にちゃんと出ればスムーズなのですが…。

 

下痢になった

こちらもよく聞く噂です。上記の通り、排出作用があるので、それを大きく感じる人には下痢になるかもしれません。そう思うと使うことを躊躇したくなるかもしれませんが、実はこれも慣れの問題であってカロリミットの量を加減しながら続けていくと、調子が整ってくるということもあるのです。

ですからお腹が元々緩い方は

 

カロリミットを少なめからはじめてみてもよいでしょう。

 

ガスがたまる

こちらもよくある例です。カロリミットはガスのちからも借りて版を押し出そうとします。ですからお腹がぽっこりした、なんていうこともあります。

 

なのでカロリミットをのんだらお腹が痛くなった、やたらおならが増えた、というのは副作用ではありません。

効いている証拠ですから少しだけ我慢して下さい

 

便がしっかり出てくればカロリミットを飲んだかいがあったというものです。

でもそれって結局副作用?

副作用とは身体にとって悪い、意としなかった作用のことを指しますので一見下痢も便秘も副作用に見えます。しかしどちらもきちんと胃腸に作用した証拠でもあります。そして下痢はひどければ別ですが

少しくらいでしたら様子をみて継続していくことをおすすめします

 

それは身体が慣れてくれば心配ないということと、むしお今まで便秘だった人にとっては良い作用となり身体の中が浄化されるので、続けてほしいということがあるのです。

効果を過大に期待して1日の目安以上に飲むことはおすすめしていません。適量を守って飲みましょう。

 

 

カロリミット効果的の仕組み TOP