カロリミット 中学生

カロリミットは何歳から飲めるの?子供でも大丈夫?

カロリミットはダイエットのためのサプリメントですので、一体何歳から飲めるのか?ということも大事なポイントですね。というのも、

 

肥満は年々低年齢化してきていて実際に4,5才の子供でも栄養指導が必要な子供がいるようです。何歳からカロリミットを飲むことができるのでしょうか?

カロリミットには「お子様の服用はおやめ下さい」と書いてあるだけで、具体的に何才以上から飲めるとは書いてありません。

しかし子供の場合

 

大人が食生活を整えてあげることができますし、運動も何かスポーツをさせるとか車を使わないようにして歩くとか、周囲の協力で比較的容易に肥満を回避することができます。営業マンのように毎晩外食ということもないでしょう。できるだけサプリメントに頼らずに食生活、生活習慣で肥満を回避することを考えましょう。

 

中学生でもカロリミットは飲めるのか?

カロリミット 中学生

ちょうど思春期を迎える頃から女の子はぽっちゃりし始めますね。また自分の見た目が人からどう見られているのか?ということも非常に気になる年代が中学生くらいでしょうか。その年代の子どもたちは大人と同じことをしたがるという傾向にもありますね。ちょっと背伸びをして「ダイエットをしよう」と思う子も少なくありません。

 

中学生になると女子は生理もはじまります。カロリミットが直接そういったものに影響することはありません。が、その時期の子供があまりダイエットに走ってしまうとホルモンのバランスを崩したり大事な成長期を逃してしまいかねません。

カロリミットを飲んではダメな年齢ではありませんが、なるべく他のことでカロリーコントロールするのが望ましいでしょう。

 

どうしても使いたい場合は、大人の管理の元、食べ放題に行くときとか限定して使うのがよろしいかと思います。

 

>>>カロリミットの進化版を試してみたいなら

 

カロリミットを飲んじゃいけない人は?

カロリミットはお薬ではなくサプリメントなので副作用はありません。

と言われていますが、実際のところはいくつかの制限があります。まず主成分のキトサンはカニ由来の成分ですから、アレルギーのある人は注意が必要です。

 

また糖尿病の方も「お医者さんと相談してください」となっていますから、現実的にはNGと考えるべきでしょう。さらに妊婦さんや授乳中の方も駄目なようです。ダイエットは授乳が終わった後から始めるべきかもしれません。

 

もう一つ気になるのは「お子様もご遠慮ください」という注意書きです。「何歳までがお子様なんだろう?」という疑問もありますが、公式サイトのFAQを確認してみると15歳以下の摂取は勧めていないようです。

 

なぜ15歳以下は駄目なの?

15歳と言えば中学3年生ですから、ダイエットやカロリー制限を考える子も多くなる年頃です。ダイエットサプリメントの需要も多いと思いますが、何故カロリミットを飲んじゃいけないのでしょうか?公式サイトでは駄目な理由までは書いていないのですが、大きな要因は2つ考えられます。

 

糖質や脂質の摂取を抑制するというカロリミット本来の働きによるもの

 

身体が成長を続けているこの時期に、栄養素の摂取を抑制するのは必ずしも好ましいことではありません。特に精神的にも未成熟でダイエットに歯止めをかけられない場合も多い年代ですから、過剰な栄養制限は、摂食障害にもつながりかねません。

 

15歳以上であっても、まだ身体が小さかったり、逆に身長が伸び続けてるようであれば、カロリミットはお勧めできません。

 

血糖値を抑える働きによるもの

 

カロリミットは血糖値の上昇を抑えるために、インシュリンを分泌させる働きがあります。糖尿病の患者さんがカロリミットを使用するのを制限されるのも、この効能によるものです。

 

ある程度成熟した大人の身体であれば、身体の中でインシュリン等が多く分泌されても対処可能ですが、未成熟な子供の身体の場合は、何らかの悪影響が出る可能性も否定できません。ホルモンバランスを崩してしまって体調不良..等々の不安も考えると、やはりお勧めするのは難しいのです。

 

若年層は使わない方が良いの?

ここまでお勧めできない2つの理由を述べましたが、決してカロリミットが若年層には効果が無いというわけではありません。15歳以下にお勧めできないのは、弊害が出る可能性があるためであって、ダイエットの効果が期待できないからではないのです。

 

未成年はサプリメント等に頼らず、食事制限と運動で体重をコントロールすべきだという風潮もあるようですが、効果的なダイエットを考えれば、サプリメントを利用するのに大人と未成年の区別はありません。

 

逆に体重増による摂食障害や精神面でのダメージは、大人よりも未成年の方が深刻になりがちです。カロリミットで楽にダイエットできるのであれば、若年層でも積極的に活用すべきです。

安心して飲むために

やはり成長期と呼ばれる年齢のうちはダイエットの事はあまり深く考えないことです。もし肥満児の場合は親が食事を注意してあげるようにしましょう。

 

カロリミットはあくまでも外食が増えてしまった大人、食生活をコントロールするのが難しい職業の人、中年以降の代謝の低下など気になることが増えてきた時にサポートしてくれるアイテムとして使うのが良いでしょう。

 

980円送料無料でネット限定通販

カロリミット 効果

 

 

カロリミット効果的の仕組み TOP