カロリミット お菓子

なぜカロリミットは太らないのか?

カロリミット お菓子

「お菓子を食べても大丈夫なの?」と心配される方も多いと思いますので、まずは『なぜ太らないのか?』について検証してみましょう。カロリミットの主成分は、ギムネマシルベスタエキス、桑の葉エキス、キトサン、インゲン豆エキス等です。

 

ダイエット系のサプリメントとしては少し異質かもしれません

 

すなわち、多くのダイエット系のサプリメントは溜まった脂肪分を分解したり、食べていないのに満腹感を感じるよう錯覚させたりといった効果を狙っていますが、カロリミットは「カロリーを吸収しないで排出してしまう」ことを狙っているのです。前述の4種の成分は、それぞれこんな効果が期待できます。

 

ギムネマシルベスタエキス

糖分の吸収を抑える働き及び便秘改善に効果があります。

 

桑の葉エキス

血糖値の上昇を抑え、また中性脂肪値を下げる働きがあります。

 

キトサン

脂肪を体外に排出する働きがあります。

 

インゲン豆エキス

デンプンをブドウ糖に分解する作用を阻害し、ブドウ糖の吸収を緩やかにする働きがあります。

 

 

こうしてみると、やはり糖分が栄養分として吸収されるのを防ぐ働きがメインであることが分かります。

 

お菓子でも大丈夫?

肝心の「おやつでも『無かったこと』効果は期待できるのか?」についてですが、いくつかの例を挙げて検証してみましょう。

 

カロリミット チョコレート

まず太りそうなお菓子の代表格の「チョコレート」です。

 

チョコレートの場合

 

重量の約半分は糖分です。100gのチョコレートを食べるということは、お砂糖を50g(大さじ3杯強!)食べることなんです。この糖分の吸収を抑制してくれるのが、ギムネマシルベスタエキスであり桑の葉エキスです。

 

カロリミット ポテトチップス

何故か深夜にポテチを食べたくなる人も多いと思います。ただ、ダイエットを考えるとポテトチップスは脂質が多すぎるところに問題があります。カロリーに換算すると1袋で500kcal前後もあります。500kcalとなると菓子パンで2〜3個の量になります。

 

こうした余分に取りすぎて血液中に残ってしまった脂質を体外に排出するのがキトサンです。さらにデンプンの吸収を抑えるインゲン豆エキスもここで効果を発揮します。

ケーキであっても、その他のいろいろなお菓子であっても

 

ダイエット時の問題となるのは糖質と脂質の摂りすぎです。もちろんカロリミットで食べた分の全てを「無かったこと」にすることはできないかもしれませんが、息抜きやご褒美のためのおやつを食べる前にカロリミットで防御しておくのはとても効果的ですので、カロリーの高いものの前には飲むと良いでしょう。

 

980円送料無料でネット限定通販

カロリミット 効果

 

 

 

カロリミット効果的の仕組み TOP