カロリミット 筋トレ中

筋トレしながらカロリミット?

ダイエットのためにカロリミットを調べていると

 

「妊婦さんは飲まないでください」

 

「15歳未満は飲んではいけません」

 

等の注意書きを目にします。こうした注意書きを見ると「胎児の成長や成長期の身体には悪い影響があるのかしら??」と不安になる方も多いんじゃないでしょうか?

 

カロリミットを飲みながら筋トレをすると栄養分が不足してしまって体調不良になってしまうのでしょうか?それとも効果を打ち消しあって筋トレが無駄になってしまうのでしょうか?ここでは、筋トレでのダイエットの仕組みとカロリミットの働きを検証してみましょう。

 

筋トレでのダイエットは、なぜ痩せる?

まず筋トレによるダイエットですが、筋トレには2つのダイエット効果が期待できます。

 

トレーニングによるカロリーの消費

 

運動を継続することで、体内のカロリーを消費することが出来ます。概算ですが体重50kgの人が5kmのジョギングをすれば約、250kcalのカロリーが消費されます。大まかに言えば、菓子パン1個食べてしまったら、5kmくらいジョギングすれば元に戻すことが出来るわけです。

 

筋肉と脂肪との違い

 

筋肉は呼吸をしますし、動かすためにはエネルギーが必要です。逆に脂肪は何のエネルギーも消費しません。

 

筋トレで筋肉の量が増えると『何の運動もせずにじっとしていても』必要とするカロリーが多くなるのです。燃費が悪くて効率の悪い身体と言うこともできますが、筋肉が多く代謝の良い身体になると、少しの運動でも消費カロリーが多くなり痩せやすい身体になるのです。

 

カロリミットで相乗効果も期待できる!

カロリミット 筋トレ

もう一方のカロリミットのダイエット効果ですが、カロリミットは糖質や脂質の吸収を抑制する効果が期待できます。すなわち、食べた栄養分を吸収せずにそのまま体外に排出しようとする働きがあるのです。

 

ただし、この働きは糖質及び脂質の吸収に関してであり、筋肉の材料となるたんぱく質の吸収を妨げることはありません。したがってカロリミットを飲んでいても筋肉を作ることに支障は無いわけです。

 

妊婦さんや子供に対してカロリミットがお勧めできないのは血糖値制御のためのインシュリン分泌に問題があるためであり

カロリミットは成長や筋トレには何の影響もないのです。

 

さらに言及すれば、筋トレだけのダイエットでは、どうしてもストレスが溜まりがちです。また、運動量と消費カロリーを考えてみると運動によるトレーニングは意外に効率が悪いと感じるものです。1kg痩せるためには、7000kcalの消費が必要です。体重50kgのひとなら、なんと140kmものジョギングが必要なのです。

 

筋トレだけで痩せようとするのは、なかなか大変

 

気軽に摂取カロリーをコントロールできるカロリミットと併用することで、より気軽に、また効果的にダイエットを進めることができるわけです。

 

980円送料無料でネット限定通販

カロリミット 効果

 

 

カロリミット効果的の仕組み TOP